UA-77562727-1

2016年04月21日

激やせお兄さんが激やせしたダイエット

一番最初に過去におじさんが一番痩せて、リバウンドがなかったダイエットを紹介します。

20代後半に流行した「低インシュリンダイエット」。

プラスで生活習慣改善をしていたのと補助医薬品も服用していたので、どれが効果があったのかはいまだに分かりませんが・・・

低インシュリンダイエットって今のお若い方は知らない方も多々いるかとは思いますが、当時は結構な人気で食事を気にかけていた人、多かったですねー。

機序:腸内で糖質の吸収スピードが遅い(GI値が低い)食べ物を食べることによって、血中での糖質の急激な上昇が抑えられます。すると、糖質を体内に蓄積させる作用を持つ生体内ホルモン(インシュリン)の分泌が抑えられ、結果的に吸収された糖質はエネルギーに変換される。

というものです。

では、おじさんはどのようにしていたのかというと、ポイントは3つ。

ポイント一つ目

独身のため毎晩コンビニ弁当の生活でした。低インシュリンといえば何といってもパスタです。おじさんの大好きなパスタを食べながらダイエットできるなんて天国のよう(^^♪

そして忘れてはならないのは食物繊維の摂取で低インシュリンダイエットの効果を高めること!

こうしておじさんは1年間、「晩飯はコンビニのパスタとサラダ」という生活をしていました。

ポイント2つ目

生活習慣の改善として晩酌をやめました。毎日350ml缶を2本飲んでいたのを完全ストップ。これって大きな事なんで、結構その他の生活習慣もつられて良くなった気がします。

ポイント3つ目

コレステロールが高かったので、「パンテノール」という医薬品を服用していました。コレステロールの薬としては導入薬みたいなもので、「腸内で脂質の吸収を抑える」という作用の薬でした。市販薬だとユンゲオール3という薬に入っている成分です。


さてさて、このどれが効いたのか分からないけど、1年後にはウエストがマイナス20cmでズボン全て買い直しということに(^^)/

周りからはこの激ヤセに「検査したほうがいいよ」とか「癌じゃないの?」とかいろいろな心配の言葉をもらって、しまいには自分でも「どっか悪いんじゃないか」と不安になったものです。

でも大丈夫。コレステロールは正常値に。血圧が拡張期・収縮期ともに10も下がりました。これは医薬品服用並みの血圧低下作用です!検査項目は全て正常!

なんとまぁ、毎晩パスタとサラダを食べているだけで健康もゲットしてしまいました。

なんでこんなことになったのかは、自分では検証済みなので今後のプログで紹介していきたいと思っています。



ただ、痩せたとはいえ大切なのはこれから。どうやって維持していくのか!
実はこのダイエットは元々リバウンドが少ないということで始めたものなので、実際には維持するのも簡単でした。

次のブログは「激ヤセした後の体重維持」について書きます!

お楽しみに!

長文お読みいただいてありがとうございました(≧▽≦)

posted by 激やせお兄さん at 14:28| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。